読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーこの映画日記

観た映画の感想をつらつらと述べるブログです。

堤真一のダメ親父と山田孝之の金髪が新鮮!ー俺はまだ本気出してないだけ

この映画は勇者ヨシヒコシリーズや変態仮面、そして実写版銀魂などを手がける福田雄一の監督作品。堤真一演じるバツイチ・フリーター・高校生の娘持ちの中年男性大黒シズオが漫画家を目指す話です。しかしよくある主人公の成功物語ではなく、夢を語りながらもなかなかそれに向けて努力を続けることができない、けれども諦めることもできない主人公の姿が描かれた作品になっています。

福田監督の作品らしくオーバーでユーモラスな登場人物の描写と、ツッコミどころ満載ながら有無を言わさずテンポ良く進んでいくストーリーが魅力。

主人公のあまりのダメダメ具合に笑いながらも、自分にもこんな風に嫌なことや都合の悪いことに目を背けてしまっているときがないかな、とドキッとさせられるシーンもしばしば出てきます。まさに、「まだ本気出してないだけ」だからと現実から目を背けて言い訳をしてしまっているときがあるのではないかと。

でもその反面、いつも自由に生きようとするシズオの姿は観る者に元気を与えてくれるものでもあります。物語の中でも、彼の姿は彼の娘や友人の宮田など色々な人に影響を与えることになります。

ちゃらんぽらんな主人公シズオと対局の存在として登場する、生瀬勝久演じる真面目なサラリーマン宮田。主人公の友人で、とても真面目な反面、人に怒ることができず主人公に奢らされても何も言えず、またそうした性格が元で妻にも別れを告げられ、息子とは月に一度しか会えない日々を送っています。その息子ともいつも会話が続かずぎくしゃくとした雰囲気に。しかし物語の終盤、自由に生きる主人公を見るうちにある決意をし、真面目なサラリーマンをやめることに。妻と息子との関係にも変化が現れます。

そしてもう一人、シズオと深く関わっていくことになるのが山田孝之演じる金髪のフリーター市野沢。シズオのバイト先の新人として登場しますが、初日からだるいと言って仕事をサボるふてぶてしさですが、シズオに絡む不良を殴り飛ばしたり、新しいバイト先(キャバクラ)で新人のおじさんが虐められているのを見て耐えきれず上司と喧嘩をしたりと、実は熱いところも持った若者です。ほとんど初対面の状態で酔っ払ったシズオを家に送る羽目になったり、父親と喧嘩して家出をしたシズオを泊めることになったりと何かと巻き込まれ体質な一面も。なんの目標もなく暮らしていた市野沢ですが、宮田と話をするうちにサラリーマンを目指すようになり就職活動を始めます。

 

f:id:unagi12:20161220191029p:image

 いつもテンション高く楽天家ならではの持論を述べるシズオ、いつも無表情でたまにボソッと相槌を打つ市野沢、そんな2人の間で極めて常識的なツッコミを入れる宮田。この3人でお酒を飲むシーン大好きです。山田孝之は茶髪か黒髪のイメージが強かったですが、金髪もよく似合っていますね。

 

メインキャラクターと言える役割を担っているのはこの3人ですが、この他にも魅力的な登場人物がいるのでぜひ映画を見てみてくださいね!

きっとこの映画を観たら、かつての夢に向けて歩き出すのもいいかな、と思い始めるかもしれませんよ!

 

俺はまだ本気出してないだけ /堤真一,橋本愛,生瀬勝久【中古】

価格:300円
(2016/12/20 19:27時点)
感想(0件)